검색어 입력폼

심리학-자기결정론 요약- 일본어작성

저작시기 2017.01 |등록일 2017.01.29 한글파일한컴오피스 (hwp) | 2페이지 | 가격 1,500원

목차

없음

본문내용

⓵ 自分の決定性(self-determination theory)は自律性有、能感を発展させようとする同期を意味する。人間は自律的に行動したい欲求を持っているし自ら望むから活動に参加すると思う。
⓶ デシ(Deci)と仲間は自分決定性を意志とは違うように区分する。
意志は“人間有機体が自分の欲求をどのように満足させるか決めることができる力量”なら、自分決定性は“自分の意志を活用する過程”に正義されることができる。内在的動機は“環境との関係で有能で自分の決定的になりたい人間の欲求”と正義される。したがって内在的動機は人々にとって挑戦して成就するようにして、これはまた自分の決定的になりたい欲求を満足させる。反対に自分の行動が自ら決めたのではなく外部的に決まったと言ったら、すなわちどんな目的に対する方法で活動に参加していると信じれば内在的動機は減少すると見られる。
⓵ スキノ(Skinner)と仲間は自覚された統制が学習に能動的な参加を増加させるとか減少させることで学業成就に影響を及ぼすということを見つけた

참고 자료

없음
다운로드 맨위로