검색어 입력폼

한국에 있어서 일본어CALL교재의 학습내용에 관한 일고찰

저작시기 2009.03 |등록일 2014.10.07 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 12페이지 | 가격 4,000원

소개글

본 연구에서는 종래의 연구에서는 명확하지 않았던 한국일본어학습자의 니즈를 고려한 일본어CALL교재의 학습내용(일본문화)를 구체적으로 제시하기 위해서 한국의 대학에서 일본어를 학습하고 있는 대학생을 대상으로 관심도조사를 실시하여, 한국인일본어학습자의 니즈를 명확하게 하였다.

목차

1. 연구의 배경과 목적
2. 일본어교육에 있어서의 문화어 검토
3. 관심도 조사항목의 작성
4. 조사 개요
5. 조사 결과
6. 조사결과의 고찰
7. 종합 고찰

본문내용

1.研究の背景と目的

現代の日本では、国際化・情報化社会を背景に、外国語学習やコンピュータ学習などへの関心は年々増えつつある。それは、韓国においても例外ではない。韓国は日本語学習者が世界で一番多い国(国際交流基金 2003)であり、日本語教育のための様々な研究が行われており、最近ではコンピュータの導入も模索されはじめ(교육인적자원부(教育人的資源部) 2001)、様々な日本語CALL(Computer Assisted Language Learning:コンピュータ支援による言語学習)教材が研究開発されている(鄭 2003、尹 2005など)。しかし、尹(2005)の日本語CALL教材の調査・分析では、韓国人日本語学習者のニーズを把握した上での教材はあまり見受けられず、韓国人日本語学習者のための日本語CALL教材を開発する必要がある。尹(2007)では、韓国4年制大学の日本語教師を対象に、韓国の日本語教育において必要な日本語CALL教材に関するアンケート調査を実施した結果、学習内容として「文化(事情)」が一番必要であることがわかった。このことは、韓国の教育人的資源部(日本の文部科学省に当たる)によって1997年に公布され現在に至っている中等教育の第7次教育課程(日本の学習指導要領に当たる)における「文化理解」の強調や文化学習の必要性を扱った研究(김(Gim)1) 2005、李 1992など)からも

<중 략>

7.総合的考察

本研究では、従来の研究では明らかではなかった韓国人日本語学習者のニーズを考慮した日本語CALL教材の学習内容(日本文化)を具体的に提示するために、韓国の大学で日本語学習している大学生を対象に関心度調査を行い、韓国人日本語学習者のニーズを明らかにした。
 本研究の意義は、以下のとおりである。
(1)具体的な文化語が提示されている先行研究と資料をもとに調査用紙を作成し、韓国人日本語学習者に関心度調査を行うことができた。
(2)韓国人日本語学習者の日本文化に対する関心度を明らかにし、日本語CALL教材開発のための基本資料となることを示唆した。
(3)CALL教材の開発において今後必要性の高い学習内容を考察し、方向性を明らかにした。
本研究で明らかになった韓国人日本語学習者の日本文化に対する関心度をさらに検討し、今後日本語CALL教材として開発したい。

참고 자료

李善熙(1992)「日語學習에 있어서 文化敎育의 必要性」『日語敎育』8(1), 韓國日本語敎育學會, pp.121-149.(李善熙(1992)「日本語学習における文化教育の必要性」『日語教育』8(1), 韓国日本語教育学会, pp.121-149.)
교육인적자원부(2001)『고등학교 교육과정 해설 -12 외국어-(독일어, 프랑스 어, 스페인 어, 중국어, 일본어, 러시아어, 아랍 어)』대한 교과서주식회사.(教育人的資源部(2001)『高等学校教育課程解説-12外国語-(ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、日本語、ロシア語、アラビア語)』大韓教科書株式会社.)
金仁炫(2003)「高等學生의 日本文化理解와 敎育現況-제7차 교육과정 日本語I과 設問調査를中心으로-」『日本語文學』19, 韓國日本語文學會, pp.3-22.(金仁炫(2003)「高等学生の日本文化理解と教育現況」『日本語文学』19, 韓国日本語文学会, pp.3-22.)
김활란(2005)「일본어 수업에 있어서의 문화교육의 필요성-대학의 교양일본어 수업의 실태조사를 중심으로-」『日語日文學硏究』54(2), 韓國日語日文學會, pp.199-219.(Gim Hwal-lan(2005)「日本語授業における文化教育の必要性‐大学の教養にほんごの実態調査を中心として」『日語日文学研究』54(2), 韓国日語日文学会, pp.199-219.)
김활란(2006)「한국대학에서의 일본어교육 사례 연구 -4년제 대학의 일본어 학습자를 대상으로-」『日語日文學硏究』59(1), 韓國日語日文學會, pp.175-194.(Gim Hwal-lan(2006)「韓国大学にける日本語教育事例研究‐4年制大学の日本語学習者を対象として」『日語日文学研究』54(2), 韓国日語日文学会, pp.175-194.)
오세원(2005)「한국 고등학교 일본어 교과서에 반영된 일본 문화 요소의 현황-제7차 교육과정에 따른12종『일본어I』교과서를중심으로-」『日本語文學』24, 韓國日本
語文學會, pp.97-114.(O Se-won(2005)「韓国高等学校の日本語教科書に反映された日本文化要素の現況」『日本語文学』24, 韓国日本語文学会, pp.97-114.)
林銀静(2002)「第6次高校日本語教科書においての事情内容分析」『일본학논집』15, 일본학연구회, pp.55-81.(林銀静(2002)「第6次高校日本語教科書においての事情内容分析」『日本学論集』15, 日本学研究会, pp.55-81.)
장용걸(2003a)「일본어 교육 현장에 나타난 일본 문화 교육에 관한 실태 조사와 문제점」『교육이론과 실천』12(3), 경남대학교 교육문제연구소, pp.163-176.(Jang Yong-geol(2003a)「日本語教育現場に現れた日本文化教育に関する実態調査と問題点」『教育理論と実践』12(3), 慶南大学校教育問題研究所, pp.163-176.)
장용걸(2003b)「일본어 교사에 있어서 일본문화교육의 인식에 관한 고찰」『日語敎育』26, 韓國日本語敎育學會, pp.41-62.(Jang Yong-geol(2003b)「日本語教師における日本文化教育の認識に関する考察」『日語教育』26, 韓国日本語教育学会, pp.41-62.)
정일영(2001)「大學 日本語 學習者의 意識調査硏究」『관광산업정보논집』2(1), 慶熙大學校 觀光産業硏究院, pp.27-47.(Jeong Il-yeong(2001)「大学日本語学習者の意識調査研究」『観光産業論文集』2(1), 慶熙大学校観光産業情報研究院, pp.27-47.)
韓相福・李文雄・金光億(1994)『文化人類學概論』서울大學校出版部.(韓相福・李文雄・金光億(1994)『文化人類学概論』Seoul大学校出版部.)
奥田久子(1988)「学生中心の「日本事情」」『日本語教育』65, 日本語教育学会, pp.51-63.
桂島宣弘(2005)『留学生のための日本事情入門』文理閣.
金本節子(1988)「日本語教育における日本文化の教授」『日本語教育』65, 日本語教育学会, pp.1-15.
権海珠ほか(1997)「韓国の初級日本語教材における文化語の選定に関する研究」『日語敎育』14, 韓國日本語敎育學會, pp.49-83.
国際交流基金(2005)『海外の日本語教育の現状-日本語教育機関調査・2003年-』凡人社.
佐々木倫子(1988)「大学正規科目としての日本事情教育」『日本語教育』65, 日本語教育学会, pp.41-50.
住田環(2007)「日本語教科書に扱われる「日本文化」の認識に関する心理学的研究」『教育学研究科紀要第二部』55, 広島大学大学院教育学研究科, pp.251-258.
原土洋(1988)「日本事情の捉え方」『日本語教育』65, 日本語教育学会, pp.30-40.
細川英雄(1995)「教育方法論としての「日本事情」」『日本語教育』87, 日本語教育学会,   pp.103-113.
細川英雄 (2000)「ことばと文化はどのように教えられてきたか-「日本事情」教育研究小史の試み-」『早稲田大学日本語教育研究センター紀要』13, 早稲田大学日本語教育研究センター, pp.103-112.
細川英雄 (2005)「外国人に日本文化を教えるということ」『學鐙』102(4), 丸善, pp.14-17.
山田泉(1996)『異文化適応教育と日本語教育2社会派日本語教育のすすめ』凡人社.
山田人士(1999)「日本語教育と「文化」」『立命館国際研究』11(3), 立命館大学国際関係学会, pp.128-138.
山本一男(1998)「外国人留学生に対する「日本事情」教育をめぐって」『国際経営・文化研究』3(2), 国際コミュニケーション学会, pp.113-124.
尹楨勛(2005)『調査報告書―コンピュータ及びコンピュータネットワークを利用した日本語教育の現状と課題―』(広島市立大学の受託による調査報告書)
尹楨勛 (2007)「韓国の4年制大学における日本語CALL利用の現状」『日本語文學』(35),韓國日本語文學會,pp.267-287.
林俊賢(2005)「台湾人日本語学習者のためのCALL教材の作成と利用」(2005年度広島大学大学院教育学研究科に提出された修士論文)
다운로드 맨위로