검색어 입력폼

(일본어)아담 스미스 소개

저작시기 2008.09 | 등록일 2014.07.10 | 최종수정일 2017.09.22 워드파일 MS 워드 (docx) | 3페이지 | 가격 2,000원

목차

없음

본문내용

アダムスミスは四歳の時通りで歌っていた女人に拉致された。しかし幸い森まで追い掛けた母のお陰で救出されたと言う。十四歳で文レス古代学入試にパスして数学科自然哲学を勉強した。彼は成績が優秀で 1740年には無料でオックスフォード大学に入学して学業にも邁進した。彼はオックスフォード大学で、当時イギリスの有名な哲人であると同時に歴史学者やエコノミストであるデービドヒュムと知り合い深い友情を築いた。
1746年、 アダムスミスは卒業をしたが仕事を捜すことができず故郷に帰った。 1751女、 アダムスミスは文レスで大学の教授職を引き受けるようになって論理学科道徳哲学を教えた。 彼の経済思想はこの時期から発展し始めた。 1759年、 彼は <<道徳感情論>>で道徳的な判断の原因を証明したり、人がどんな行為をすることが道徳的に許諾されるかを決める原因を説明した。 アダムスミスは人をエゴイスチックな動物と見做し、彼らはエゴイスチックな事故に起因して道徳を判断しないと言った。 アダムスミスはこの本で大きな名声を得た。 1764年、 スミスは文レスで大学教授職を辞職して青年貴族であるバクルで工作の個人教師を引き受けた。 彼はバクルで工作に付き、ヨーロッパを旅行しながらフランス啓蒙学派の思想家であるボルテールと中農学派の領袖など多くの有名な学者たちと付き合うようになった。
この時期にアダムスミスの代表作 << 国富論>> の体系が徐徐に確立した。1767年、 アダムスミスは故郷に帰って来て研究に邁進した。 そして 1776年に当時経済学の援助になった <<国富論>>の出版に至った。 この本は人間の利己心から始まり、経済成長の源泉と動力の問題を扱っている。 また自由経済思想に対して体系的に敍述しておりしスミスはまさにこの本で彼の有名な '見えざる手'について言及した。 この著書は総 5編で成り立ち、第 1編は分業の発展を国民の付議増殖に重要な要素を強調した。

참고 자료

없음
다운로드 맨위로