검색어 입력폼

커뮤니케이션 이론을 일본어로 정리 작성하였습니다

저작시기 2010.04 |등록일 2013.04.17 | 최종수정일 2017.01.30 한글파일한글 (hwp) | 9페이지 | 가격 3,500원

목차

第1節 スナイドの外交政策決定モデル
(1) 合理的あるいは分析的模型
(2) 外交政策決定模型としての合理的模型
(3) 外交政策決定理論の展開過程

第2節エリスンの官僚政治モデル
(1) エリスンの官僚政治モデルの 4種過程

第 3節ラゼナの連携理論
(1) 連携の発想
(2) 連携の過程 : 分類及び類型
(3) 連携理論の有用性と限界

第4節コミュニケーション理論
(1) ドイチのコミュニケーション理論
(2) コミュニケーション理論の有效性
(3) コミュニケーション理論の限界

본문내용

(1) 合理的あるいは分析的模型
外交政策の多くの理論あるいは模型の中で統的あるいは古典的模型だと呼ばれる合理的モデルは長い間支配的なパラダイムとしての位置を占めてた. それだけこれを批判したエリソン, スタインBrunner, 低ビスなども自分の模型を提示するにおいて合理的模型を一つの出点で使っている.合理的模型が支配的位置を占めてた理由では,
第一に, 直的な訴える力と理論によって展開される論理の明快, そしてそれによる得力を持つことができる.
第二, 合理的模型はネオクラシシズムミクロなどそのほか社科分野でく容されているし多くの分野で用されている. 最後に何より重要なことは際政治理論で支配的パラダイムとしての位置を固守してたリアリズム理論と完璧な背中合わせを形成しているという点だ.
(2) 外交政策決定模型としての合理的模型
消費者行動理論などのネオクラシシズムで見るように合理的選理論は基本的に個人による選理論で開された. したがって家という巨大な組職の行としての外交政策を明するためには家がまるで個人のような一人格チェン羊定する必要があったしそのような家庭は家理性と言って古典的リアリズム理論の核心を成してた.
しかし合理的選理論自が確率の算定や用の付にあって個人間の差があり得ると言って `主的` 期待用理論の方に展開されているししたがって大部分の重要な外交政策が閣やアメリカの家安保議などのような集にために決まるという現による外交政策決定理論としての合理的模型の限界が現われる. すなわち加字間の選好度がお互いに違う場合これをどんなに取り集めるのかの問題が生するようになる

참고 자료

現代國際政治學, イ,サンウ, ハヤングでは共著, ナナムツルパンサ
國際政治學, キム,テヒョン (六書だ)
世界外交政策では, 舊本學外, 乙酉文化史
다운로드 맨위로