검색어 입력폼

子どもがいっぱい走った는 왜 어색한가 - いっぱい와 走った의 관게

저작시기 2009.02 |등록일 2013.03.01 파일확장자어도비 PDF (pdf) | 10페이지 | 가격 2,000원

소개글

양을 나타내는 일본어와 동작을 나타내는 일본어와의 관계에서
늬앙스에 어색함이 나타나는 경우를 분석한 자료

목차

第1章.はじめに

第2章.アスペクトと動詞
 1)アスペクトの意味
 2)アスペクトによる動詞分類―1
 3)アスペクトによる動詞分類―2

第3章.「たくさん」と「いっぱい」
 1)「たくさん」と動詞
 2)「いっぱい」と動詞
 3)「たくさん」と「いっぱい」の難点
 4)「たくさん」と「いっぱい」―第5種の動詞

第4章 おわりに

본문내용

日本語には「たくさん/いっぱい」という表現がある。どちらにせよ数量の多いことを意味している。使い例は次のようである。

ア)今日はたくさん歩いたね
イ)今日はいっぱい話したね
ウ)庭にバラがたくさん咲いた
エ)学生がパーティーにいっぱいやってきた
オ)子どもがいっぱい走った(?)

「たくさん」も「いっぱい」も数量が多いという意味だが、二つの語の違いがあるのか。大辞林では、「たくさん」は数量の多いこと(さま)、または、十分なことやそのさまと説明されている。「いっぱい」は基本的に漢字から分かるように、一つの容器に満ちる分量の意味とともに、入れ物・場所などに物が満ちているさま、非常にたくさんであるさまなどと説明されている。

참고 자료

井口厚夫他(2004)『日本語文法整理本-解と演習-』、バベルプレス、pp.62-66
다운로드 맨위로