검색어 입력폼

일본 나가사키 문화 (도진야시키의대하여)日本長崎の文化(長崎の唐人街について)

저작시기 2011.01 |등록일 2011.01.25 워드파일MS 워드 (doc) | 4페이지 | 가격 2,000원

소개글

일본 나가사키 외국어대학에 서 재학중입니다.
일본 문화 수업시간에 제출한레포트입니다(일본어입니다)
제가 직접 나가사키 도진야시키를 직접 방문하였습니다.
2000자정도의 분량입니다

목차

1.レポートの目的
2.方法
3.結果

본문내용

唐人街の史
唐人屋敷は江時代から鎖政策によって長崎にできた居留地である。政府の規制に成り立った唐人邸宅も一種のチャイナタウンであり、唐人は外人の意味を持っている。日本が鎖政策を行った時期にかつて開港をしてポルトガル、オランダや中と交易をした。その中で、代表的なではオランダ及び中などがあるが長崎の‘出島’と言う所はオランダ人が居住した所であり、ポルトガル人を容した所でもある。1635年(永12年)から中貿易(唐船の航地)は長崎一港に制限されていたが、キリストではない中人は長崎市に住むことができた。しかし、 貿易の制限に伴い密貿易の加し、業を煮やした幕府は1689年(元2年)に現在の館町のほぼ全域を高いでみ、その外に堀を設けた唐人屋敷を作り、市の唐人を集め居住させた。唐人屋敷も出島と同じように日本人の出入りは原則禁止となった。部は長屋十棟が建ちんでいたといわれ、一度に2000人前後の容能力あったようだ。その後は1784年(天明4年)に起きた大火災の時には唐人屋敷の全が‘帝堂’をして丸けし、 大火災以後外人は自分が負して住居などを建築することが許諾された。明治維新後、唐人屋敷は止され、在留中人は港に近い新地所跡地に移り住み、長崎特の中人街を作ってきたのが、今の長崎新地中華街である
中と長崎は?
長崎と中の係は、とても深いのである。鎖以前からずっとのお付き合いだ。中から見ると、貿易のため日しようと思えば、西の果て長崎が、一番近かったのだろう。そのおかげで、長崎は中貿易の恩を一手に受け、展を遂げた。浜や神に中華街が作られ、中文化が入ったのは、何百年も後のこと。オランダ文化と中文化、そしてもともとの日本文化を合わせながら、長崎は鎖時代、「日本であって日本でない」ような特の文化を作りあげた。今でも長崎の町には、中の雰がしっかりと根付いている。
長崎の唐人街はどんなものがあるか?
私たちが今回のフィルドワクを通じて直接訪れた土神堂、音堂、天后堂、の3堂の遺跡と福建館がある。また、 福建館そばにある 唐人屋敷さるく展示室もある。

참고 자료

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/tojinyasiki/index.html 
다운로드 맨위로