검색어 입력폼

[일어] 의사와 환자의 관계 医者と患者の関係について

저작시기 2009.08 |등록일 2010.01.04 워드파일MS 워드 (docx) | 4페이지 | 가격 1,500원

소개글

의사와 환자와의 관계
의사와 환자와의 관계의 변화

목차

<前書き>
<全般的な授業の概要>
1.薬で病気を治る?
2.病気が治る?
3.治療で病気が治る?
5.新しい医者と患者の関係
<医者と患者の関係について>
<終わりに>

본문내용

<前書き>
「医療総論」は今まで持っていた医療についての考え方を見直すきっかけになったと思う。科学発展と伴に医療も多く変わってきた。昔、当たり前だと思われたことが今はそうではない。今、当たり前だと思われることがこれからはどうなるかはわからないことだ。
「全般的な授業の概要」では授業で学んだことや意見などを述べ、「医者と患者の関係」では興味を持って調べたものを紹介したいと思う。これから「医者と患者の関係」は医療の動きを変わる決定的な役割を果たすと思う。望ましい医者と患者の関係とは何かについて考えたいと思う。

<全般的な授業の概要>
1.薬で病気を治る?
病気になったら薬を飲む。それが病気を治してくれると治療方法だと思ったが、はたしてそうだろうか。
薬が100%効くはずがない。人はさまざまなので、効く時があれば効かない時がある。その理由は人の感情によるものではないだろうか。医者さんに渡された薬は自分の効くはずだと思いこみが病気を治してくれるかも知れないし、治りかけるところで薬を飲んで治ったかも知れない。薬というものは感情問題、気持の問題と深い関係あり、生活や医者の関係によって違ってくるのだと思う。
2.病気が治る?
病気が治ることは精神的なことと密接な関係がある。思い込みが人の病気をより悪化されたり、元気を戻したりする。科学的にはあり得ないことだと言われることでも実際には科学的ではないことで病気が治った人もかなりいる。なぜこのようなことが起こるのか。人間というのは今を感謝する気持ちや幸せだと感じる明るさ、前向きの考え方などがたとえ科学的なものではないとしても元気になれるように助けてくれるのだ。
3.治療で病気が治る?
「治療したから病気が治るはず」という感情が病気を治す。「手術をしたから治った」より「手術のように大変なことを頑張ったから治るはずだ」と思いこみが治るようにするのではないだろうか。
医者にも説明モデルがあり、患者にも説明モデルがある。今までは医者だけ説明モデルがあると思われてきたが、実は患者さんにも「病院論」「症状の始まりとその様態」「病態生理」「病気の経過」「治療法」があると言われている。今までは医者が何も知らない患者に向かって病気の原因が何であろうか、なぜそうなっているのか、治療法などはどうなるのかを説明したが、Kleinmanの「患者説明モデル」により患者も自分なりに説明モデルを持っていてるから病院にくるということが主張された。
医者は科学的で正しい内容を患者に伝えよるとし、患者は自分が聞きたいことだけ聞こうとする。なので、この説明モデルでは医者は患者の意見を尊重して患者が病気の治療や経過などを決めるようにすることが大事であることが強調されている。
4.患者と医者は対等か?

참고 자료

1. 『医療のクリニック―<癒しの医療>のために』、中川 米造、 新曜社、1995
2. 『メディカルインタビュー―三つの機能モデルによるアプローチ』、Steven A. Cole , Julian Bird (著), 飯島 克巳 , 佐々木 将人 (翻訳)、メディカルサイエンスインターナショナル、2003
다운로드 맨위로