검색어 입력폼

[일어]카운셀링론에대해 カウンセリング

저작시기 2008.03 |등록일 2010.01.04 워드파일MS 워드 (docx) | 6페이지 | 가격 2,000원

소개글

카운셀링론의 개념
카운셀링론의 필요성
카운셀링할때의 태도
카운셀링의 기대

목차

カウンセリングの必要性
1.カウンセリングとは

2.話の聴き方

3.カウンセリング態度

4.心理療法

5.カウンセリングの期待

6.カウンセリングの感想

본문내용

カウンセリングの必要性
著しく社会が変化し、何かに追い立てられるように生活して、心のバランスを保つことがますます難しくなっている。さらに、自分の意向がなかなか受け入れてもらえず、心理的にストレス状態になってしまう。人というものはそれぞれ個性を持ち、それぞれの目標に向かって成長し、人生を生きるものである。 結局、自分のあらゆる問題を独力で解決できる人はほとんどいない。 何らかの形で、他人を必要し、援助的な関係を必要としているのだ。
つまり、心の問題の解決を援助する人が必要になる時代である。

1.カウンセリングとは
カウンセリングの定義はさまざまだが、基本的には次のように定義する。
「適応上の問題を持ち、その解決に援助を必要とする個人(クライエント)と、専門的訓練を受けた助言者(カウンセラー)と面接(言語的および非言語的コミュニケーション)し、それによってクライエントが自己理解を深め、積極的で建設的な意思決定ができ、自発的な行動がとれるようにする問題解決のための専門援助過程である。」
つまり、来談者=クライエント
心の問題の解決を援助する者=カウンセラー
→心理学的な知識を用いてクライエントの心の問題の解決を援助することがカウンセリングである。
カウンセラーはクライエントの語ることを真剣に傾聴し、認知的レベルだけではなく、感情的レベルまでも共感的に理解していくことが、クライエントはこのような面接場面の中で、今まで気づかなかった、ありのままの自分やありのままの現実に気づくようになっていくことが大事である。
다운로드 맨위로