검색어 입력폼

일본어와 한국어의 차이

저작시기 2008.11 |등록일 2009.12.29 워드파일MS 워드 (docx) | 2페이지 | 가격 1,000원

소개글

일본어와 한국어의 음성학적, 문법적 차이

목차

(1)日本語には有声音と 無声音の対立
(2) 文字の数が多い
(3)韓国語はパッチムがあります。
(4)音節の終わりの規則
(5) 口蓋音化(グゲ音化)
(6) 母音調和
(7)母音同化

2.語彙の特徴

3. 文章上の特徴

본문내용

日本語と韓国語の差について
韓国語の特徴
∙日本語の文字のことを『ひらがな、カタカナ』ということのように韓国語の文字のことを『ハングル』といいます。
∙『ハングル』は『アルファベット』と同様に1音素を表す音素文字です。
∙音韻の特徴
(1)日本語には有声音と 無声音の対立『か[k]-が[g]、た[t]-だ[d]、ぱ[p]-ば[b]、さ[s]-ざ[z]、ち[t∫]-ぢ[dʒ]』がありますが、韓国語には、平音『ㄱ[k/g]ㄷ[t/d]ㅂ[p/b]ㅅ[s]ㅈ[t∫/dʒ]』と激音『ㅋ[kʰ]ㅌ[tʰ]ㅍ[pʰ]ㅊ[t∫ʰ]』濃音『ㄲ[k’]ㄸ[d’]ㅃ[p’)]ㅆ[s’]ㅉ[t∫’]』の対立があります。
(2) 文字の数が多い
ハングルには10個『ㅏ[a]ㅓ[ə]ㅗ[o]ㅜ[u]ㅡ[ɨ]ㅑ[ja]ㅕ[jə]ㅛ[jo]ㅠ[ju]ㅣ[i]』の基本母音と11個『ㅐ[ɛ]ㅔ[e]ㅘ[wa]ㅝ[wə]ㅢ[ɨɨ]ㅒ[jɛ]ㅖ[je]ㅙ[wɛ]ㅞ[we]ㅚ[ȍ]ㅟ[wi]』の合成母音、14個『ㄱ[k/g]ㄴ[n]ㄷ[t/d]ㄹ[r/l]ㅁ[m]ㅂ[p/b]ㅅ[s]ㅇ[_/ŋ]ㅈ[t∫/dʒ]ㅊ[t∫ʰ]ㅋ[kʰ]ㅌ[tʰ]ㅍ[pʰ]ㅎ[h]』の基本字音と5個『ㄲ[k’]ㄸ[d’]ㅃ[p’)]ㅆ[s’]ㅉ[t∫’]』の合成字音で合計40文字で構成されています。
(3)韓国語はパッチムがあります。
日本語の場合は『開音節』といって語尾が母音で終わりますが(語尾に『ん』が付く場合は例外にする。)、韓国語は英語と同じく字音で終わる場合も多いです。このとき語尾にくる字音のことをパッチムといいます。そしてパッチム二つまで付けることができます。
例)(字音)ㅂ+(母音)ㅏ +(字音)ㅇ = 방 (部屋)
(字音)ㄱ+(母音)ㅏ +(字音)ㅂ+(字音)ㅅ = 값(価額)

참고 자료

없음
다운로드 맨위로