검색어 입력폼

무사도와 현대(일본어버젼)

저작시기 2006.11 |등록일 2006.12.12 한글파일한글 (hwp) | 4페이지 | 가격 2,000원

소개글

무사도와 현대에 관한 글을 읽고 분석한 글입니다...
제가 생각해도 참 잘 만든거 같아여~ ^^;;;

목차

없음

본문내용

はじめに
現代社会の様々問題を武士道の思想と行動の観点かた説いていく。今日の日本社会が陥っている混迷状況の根本原因は長きにわたって日本社会を支えてきた、日本型組織の解体である。

「失われた10年」➡「日本型システムの解体の10年」


▲ 武士道の解釈
(1)忠 義
‣武士道の核心をなす
‣我が身を犠牲にして主君のために尽くすこと(日本人のステレオタイプ)
‣実際に、忠義の観念は多様であり、特独の奥行きの深さを持つ。
‣忠義とは、奴婢の服従ではない。主体性を持ち、見識をもった自立的な武士の責任ある決断としての
献身の行為である。(自立的で能動的な立場を見地したうえでの献身の行為)
※自立の観点と特独の形において、両立的に捉えられていたことを理解する必要がある。 自立性の重視➡「明君家訓」室鳩巣
‣今日、個人の自立とか、自己責任ということが強調される
※ 個人の自立 vs 欧米型個人主義(個人自立の現れにすぎない。)
忠 義 心➡日本形組織の源流


(2)諫 言
‣主君の命令に対してどうにも得心が行かないというときには、自己の意見を申し立てるし、主君を諫め説得して、再考を促すように働きかけること。

(3)押 込
‣徳川時代、解決方法として「押込」とは拘禁するという意味で、もともと刑罰の一種であった。家長が家の人間を懲戒する行為としても広く行われた。
‣それは決して謀叛、悪逆の行為ではなく、家臣の側の正当な行為として認知されていた。

(4)名君の条件
‣人々の意見に耳を傾けて衆意を尽くし、社会のニーズがどこにあるかを知り、政治の善悪を判断
‣諫言を尊重➡吉宗

참고 자료

「武士道と現代」
■笠谷和比古著
■文庫判
■2004年4月28日
■扶桑社文庫  
다운로드 맨위로